記念誌制作・社史づくりのノウハウが分かる物語イメージ

【著者プロフィール】
本間 幹(ほんまもとき)/「本間制作室」の編集、ライター担当。1973年、東京都生まれ。大学卒業後、出版社、広告制作会社勤務を経て、2006年、編集プロダクション入社。旅行誌、情報誌を中心にディレクション、編集、取材、執筆業務に従事する。2011年に編集プロダクション「本間制作室」立ち上げ。ビジネス誌や記念誌・社史の制作に携わる。

⇒クリックで、本間制作室の記念誌制作サービスのご案内ページへ

時は現在、場所は東京某所――。

とある企業で、創立50年に向けた記念誌を制作することになり、ある営業部員が制作担当に任ぜられた。

しかし、新卒で入社後4年目の彼には、記念誌作りの経験やノウハウがあるはずもなく、途方にくれるばかり。さらに、会社自体、記念誌を作るのがはじめてなので、社内で頼れる人間もいない。

このような状況で果たして無事に記念誌が出来上がるのだろうか?

【登場人物】
山田和夫……都内の企業に勤める28歳のサラリーマン。営業部に所属している。創立50周年に向けた記念誌制作担当者に任じられた。
岡本雄介……42歳男性。かつて編集プロダクションに勤めていたが、脱サラして喫茶店のオーナーに。マスターとして店に立つ毎日を送っている。

記念誌制作物語:第四回 なぜか突然、記念誌担当に‐04

2016/06/27

「そんなことはありませんよ」と岡本が言う。 すると山田は、「いいよ、そんなおべっかは。でもなんで俺なんだよ。きっと言いやすいところに押し付けただけなんだよ。そうだ、やっぱり断わろう。会社に戻ったら、ビシッとジロウさんに言…

【⇒続きを読む】

記念誌制作物語:第三回 なぜか突然、記念誌担当に‐03

2016/06/20

山田が務める「キノシタ文具」は、従業員100名の文房具メーカーだ。品質の良さには定評があり、紙や印刷にこだわった原稿用紙やノートなどは高額ながら根強いファンが存在する。とは言え、山田が知る限り、これといったヒット商品はな…

【⇒続きを読む】

記念誌制作物語:第二回 なぜか突然、記念誌担当に‐02

2016/05/09

「マスター、俺、会社でなんだかめんどくさいこと押し付けられちゃって。うちの会社、来年50周年なんだけど、それにあわせて作る記念誌の制作を任されてさぁ。ホント勘弁してほしいわぁ」 マスターと呼ばれた男は、やはり返事をしない…

【⇒続きを読む】

記念誌制作物語:第一回 なぜか突然、記念誌担当に‐01

2016/04/09

カウンターの向こうで40歳代と思しき男がコーヒーを淹れている。右手のポットから、細かく挽いたコーヒー豆が詰まったドリッパーにお湯が注がれると、室内に香ばしい香りが漂い始めた――。 カウンターのこちら側には若い男が一人座っ…

【⇒続きを読む】

2 / 212